検索
  • ダンモOB会事務局

Radio Program-Jazz Loft Anthology

♠ NY在住の星野正治さん (69鑑賞部) からの寄稿です

===== ♪ ===== ♪ ===== ♪ ===== ♪ =====

Jazz愛好の皆様へ


1978年に他界したユージン・スミスEugene Smithと云うアメリカ人の写真家ですが、世界的な写真家として年配の方はご記憶にあると思います。そう、1970年代初めに九州の水俣病を取材するため日本に滞在し、水俣病の恐怖を写真で世界に発信した人でもあります。


そのユージン・スミスは郊外にあった家とは別に、1957年から1967年の間、ニューヨークのマンハッタンにロフトスペース(821 Sixth Avenue、花屋の多かった地域)を自分の仕事場として借り、そのスペースをジャズミュージシャンに開放し、本人も4千本に及ぶテープ録音と4万枚に及ぶ写真を残したのです。インタビュー、会話、ジャムセッションを録音していた訳です。


この貴重な資料の発掘があり、NY地元の公共放送WNYCから2009年に一度その貴重な録音の抜粋が放送されました。

それが何と、この2019年元旦の午前10時から午後2時までの4時間にまとめた再放送がありました。有難いことに、インターネットによりストリームで放送を聴くことが出来るのです。以下のサイトにアクセスすれば、聴くことができます。


Jazz Loft Anthology

https://www.wnyc.org/story/jazz-loft-anthology/ <――ここを開き、下段にある矢印をクリックすれば聴ける筈

念のため、そのサイトの写真と文章を最後に貼付けします。


Hour One、Hour Two、Hour Three (各1時間)は、ロフトに出入りしたミュージシャンのインタビューなどが中心で、時折りジャズの断片的な演奏も入ります。如何にロフトでの活動が始まったかで始まり、最後は時代の流れに合わなくなっていき、終焉を迎えることになるまでの経緯がインタビューを中心に進められます。 

(1)1959年のセロニアス・モンクのタウンホールでの演奏会のためロフトがリハーサルに使われたこと、(2)この演奏会にも活躍した作曲家ホール・オバートンHall Overtonがジュリアードの先生としての活動の傍ら、このロフトへジャズミュージシャンとして頻繁に来ていたこと、(3)1958年から1960年までロフトに住み着いていたドラム奏者ロン・フリーRon Freeの思い出話、などがハイライトとなっています。


一番のお勧めはHour Fourです。これは基本的にジャムセッションの演奏で、貴重な録音であります。番組の中のナレーションで語られているように、ここでのセッションは聴衆を対象とするものではなく、ミュージシャン自身のためのものであったことです。 演奏内容は以下の通りです。不明の部分、訂正必要の部分が分かったらご教示頂くと助かります。

(1)3:40-10:10 曲目”???” Dave McKenna (p) Fred Greenwell (ts) Bill Takas (b) Ron Free (ds) 録音時期1960年3月

(2)10:45-16:40 曲目”???” Bill Potts (p) Zoot Sims (ts) Jimmy Stevensen (b) Ron Free (ds) 録音時期1960年

(3)17:30-18:25  断片、曲目”???” ??? (ts) 録音時期不明

(4)19:27-27:18 曲目 “Oleo”  Paul Bley (p) Roland Alexander (ts) Eddie Listengart (tp) Jimmy Stevensen (b) Lex Humphries (ds) 録音時期1964年

(5)28:39-41:10 曲目”The 52nd Street Theme”  Sonny Clark (p) ??? (bs) ??? (b) ??? (ds) 録音時期1950年代後期または1960年代初期

(6)42:03-43:00  断片、曲目”???” ??? (p) 録音時期不明

(7)44:37-52:10 曲目”When I Fall in Love” Chick Corea (p) Jimmy Stevensen (b) Joe Hunt (ds) 録音時期1960年代初期

(8)52:30-57:10 曲目”Taste of One???” Chick Corea (p) Jimmy Stevensen (b) Joe Hunt (ds) 録音時期1960年代初期

ストリームのお陰で楽しんで聴いて頂くことを期待しております。 星野正治 ==========================================================

The Jazz Loft Anthology

📷Thelonious Monk and the Tentet rehearsed at the Jazz Loft in 1959 before their famous show that February at Town Hall. ( Photograph by W. Eugene Smith, copyright 2015 The Heirs of W. Eugene Smith )Dec 27, 2018W. Eugene Smith was a famous photo essayist for LIFE magazine and a suburban family man when he left it all in 1957 and moved to a rundown loft in Manhattan. The building had already become a popular hangout and jamming space for jazz players, both prominent and obscure, and Smith spent the next decade documenting the music, conversations and personalities that passed through. To commemorate the centenary of W. Eugene Smith's birth on December 30, we present a New Year's Day re-broadcast of this Jazz Loft Anthology. Produced and hosted by WNYC's Sara Fishko and originally heard as a 10-part series in 2009, the anthology contains audio pulled from over 4,000 hours of quarter-inch tape recorded by Smith over a period of about eight years.Airs Tuesday, January 1 at 10am on 93.9 FM, AM820, and New Jersey Public RadioHear the four part radio series today:Hour OneHour TwoHour ThreeHour Four Learn more about The Jazz Loft in the film "The Jazz Loft According To W. Eugene Smith"

35回の閲覧
COntact us
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

Portions copryright © ca. 1961-2018 Waseda University Modern Jazz Group Alumni Association (WUMJGAA). All rights reserved.